ご挨拶

2019年02月02日

福祉分野と農業分野が連携しそれぞれの課題解決を図る

農福連携が始まった 

国の施策により多くの自治体で農福連携の取組が始まりました。平成27年に「日本再興戦略改定」「経済財政運営と改革の基本方針」「一億総活躍社会の緊急対策」に明記され政府により推進していくこととなりました。以前より取組んでいた自治体とこれから始めようとしている自治体があります。農林水産省や厚生労働省の補助事業を使い農作業や6次産業化に取組む動きも目立ってきています。 

 

農福連携の目的 

農福連携の目的は「農業」「福祉」両者の深刻な課題をWin-Winの形で解決しようとする取組で「農」の高齢化や担い手不足過疎化などの課題と「福」の働く場所が無い、適職に就けない等の課題が合致し開始されました。 

 

「福祉の目的」を「現場」の立場から 

福祉の目的は、ハンディーキャップのある方に施しを与えるものではなく日々の生活の中ですべての人がその人らしくあたりまえの暮らしがずっと続けられるような状態を作り出していくことだと考えています。 

 

農福連携で地域を活性化 

昨今、障がい者や高齢者等が地域社会で孤立し排除されやすい等の話を聞くと胸が痛みます。
ハンディーキャップのある方たちが地域の人達と一緒に農業に従事することで地域との繋がりができます。地域との繋がりの中で農家さんが技術指導や休耕荒地を貸したりトラクターの使い方や耕運機の貸し出し等農機具の援助を行います。ハンディキャップのある人たちは、農作業にかかわることで自己実現の可能性や社会参加の機会や賃金が得られます。地域では人が増し会話が増えます。休耕地も減っていくと地域に活気が出てきます。結果Win-Winの関係が成り立ちそのつながりは一層強くなっていき孤立や排除が無い地域社会を担っていくものと思われます。農福連携の取組が単なる実績づくりで終わらないよう地域にしっかり根付かせいていくことが大切です。 

 

選ばれる商品で工賃アップ 

ワークハウス牧では、農産物やオリジナル加工食品を作って駅やスキー場直売所等一般市場で販売しています。一般市場では「障害をお持ちの方が関わっている商品です。」とPRしていますがそれだけで買ってくださる消費者さんはほとんどいません。わが身に置きかえてみても同様です。

お客さまは、「だれ」が作った物かより安全安心なもの魅力的なものそれに見合った価格か否かで評価して購入していきます。「福祉」を表に出さずにお客さまに選んでいただけるようなクオリティの高い商品を作って利用者さんの工賃を少しでも上げていきたいと努めています。例えば、ワークハウス牧のオリジナル商品にひまわり油があります。原料となるひまわりは栽培から収穫、天日干し、種とり、油の抽出は外注していますがラベル貼り販売までを一括行っています。ひまわり油は健康面で注目されているうえ安全安心なものとして自信をもって販売しています。この商品を作るに当たり様々な作業種が発生しました。利用者さんは携る機会が増え、各々が特性を活かし畑作業から販売までの出来る作業に参加して能力を発揮しています。 

 

生き甲斐や喜びのため支援と取組 

わたし達ワークハウス牧では、事業所に通う皆さんが地域社会の中でごくごく普通にあたり前の暮らしができるように、社会の一員として日々の生活に、よりやりがいや生き甲斐喜びが持てるための支援を行っています。そのために多種多様なお仕事を用意し利用者の皆さん一人ひとりに合った「働くカタチ」をご提案しています。 


workhousemaki at 16:33|この記事のURLComments(0)

農福連携モデル

基本理念 

 ワークハウス牧の本体である社会福祉法人望月悠玄福祉会では、障がいがあっても高齢になっても地域の中であたり前の暮らしを続けることを基本理念としその実現に向けての支援を目指しております。
 
障がい者にとってのあたり前の暮らしの実現に向けて、就労継続支援B型事業所ワークハウス牧では、農福連携を中心に添えて、様々な作業活動を展開しております。 

 

ワークハウスの使命 

就労継続支援B型事業所ワークハウス牧は、障がいのある利用者に、障害基礎年金と合わせることで最低限の生活が営めるだけの工賃をお支払いする使命があります。そこで、自然豊かな長野県佐久市の立地を最大限に活かし、農業と林業を、ワークハウス牧独自の事業として、工賃アップを図りつつ、障がい者が活き活き働くことができる作業環境の整備に努めております。 

 

地域貢献事業 二つの 

 当事業所は、社会福祉法人の使命である、地域貢献事業にも積極的に取り組んでおります。地域貢献事業の大きな柱の一つが、遊休農地解消と地域の景観形成のための「ひまわり栽培」です。そしてもう一つの大きな柱が、森林整備のための「切り捨て間伐による倒木の搬出作業」です。「ひまわり栽培」「倒木の搬出作業」という地域貢献を通して、「ひまわり油生産販売」「カラマツ薪生産販売」に結び付けることで、障がいのある利用者の工賃アップを目指しております。 

 

地域の活性化 

 当事業所が位置する佐久市望月は高齢化が深刻であり、荒廃遊休農地が拡大しつつあります。その地域の活性化のために、荒廃農地をひまわり畑に変えていく活動を始めて、6年になります。佐久市望月の新たな名所として、地域を元気にしています。そして収穫したひまわりの種から油を搾り、食用ひまわり油として販売することで、障がい者の工賃アップにつなげています。 

 

 

燃料の地産地消 

また地元の山林の不用な倒木を燃料に替えることで、「燃料の地産地消」につながり、倒木を山から搬出することで、森林整備につながります。法人内の老人福祉施設には、計4基の薪ストーブを設置しており、そこに生産した薪を供給することで、「燃料の自給自足」という社会福祉施設の新たなモデルを確立しています。 

 

最後に 

 当事業所は、「農福連携」をキーワードに、後継者不足が叫ばれている農業や林業の分野を含め、地域の「縁の下の力持ち」として、障がい者が輝ける地域づくりを目指しております。


workhousemaki at 16:04|この記事のURLComments(0)
プロフィール

ゆうちゃん

社会福祉法人
望月悠玄福祉会
就労継続支援B型事業所
ワークハウス牧
(望月ひまわり共同作業センター)

〒384-2202長野県佐久市望月1729‐6
電話 0267-53-6352
FAX0267-53-6360
HP http://www.yuugen-fukushikai.com

ギャラリー
  •    佐久市ふるさと納税返礼品にワークハウス牧の農福連携関連商品があります。
  •    佐久市ふるさと納税返礼品にワークハウス牧の農福連携関連商品があります。
  •    佐久市ふるさと納税返礼品にワークハウス牧の農福連携関連商品があります。
  •    佐久市ふるさと納税返礼品にワークハウス牧の農福連携関連商品があります。
  • 遊休農地減少へ向けた豆の選別作業
  • 遊休農地減少へ向けた豆の選別作業
  • 令和2年新商品「黒にんにく」販売開始
  • 農福連携 りんごの摘果作業
  • 農福連携 りんごの摘果作業