花豆の栽培記録

2019年07月22日

花豆に鞘が付きました。

花豆に鞘が付きました。

蔓は支柱の先端まで3mほど伸びました。
7月に入り多くの赤い花が咲きましたが結実することなく落ちていました。
先週18日に畑で鞘を探したところ、見つけました。小さな鞘がいくつか確認できました。
まだ結実率は低空飛行を続けると思いますが梅雨明け8月以降に期待が膨らみます。

IMG_3751

小さな鞘ですので画像を大きくして見てください。
workhousemaki at 14:35|この記事のURLComments(0)

2019年07月01日

花豆の花が咲きました。

7月1日休明けに畑へ行ってみるとベニバナインゲンの花が咲いていました。
先週頭には「蔓がしっかりしてきたな」と感じたばかりでしたが、すでに1mほどネットに巻き付き赤い見事な花をつけていました。中に一株だけ白い花がありました。

IMG_3741


1980年代までベニバナインゲンの品種は生産者ごとに系統が分かれ品種に大きなばらつきがあったとのことです。10年以上にわたり集団で品種選抜を行い繰返し選抜をした結果、白花の発生はほぼ認められなくなったと聞いています。白花の豆は白色で大きさは通常の花豆の半分くらいです。いわゆる変種ですが、花豆を調理するときに白豆が入るとポイントになって見た目が良くなったり小粒な白花豆は皮が薄く赤花豆より早く煮えるといったメリットがあります。


workhousemaki at 17:39|この記事のURLComments(0)

2019年06月14日

「はなまめ」の定植

はなまめ苗を定植しました。
IMG_3607

私たちの地域では、ベニバナインゲンを通称「はなまめ」と呼んで古くから親しんでいます。
「はなまめ」は、江戸時代の末にヨーロッパから伝わったそうですが当時は十分な結実がみられず観賞用だったとのことです。その後、長野県の高冷地や東北地方で栽培したところ十分な結実がみられ食用とされたということです。
この大きくて魅力的な豆を都会の方にも「見ていただきたい。」「食べていただきたい。」という気持ちで、今年、栽培することといたしました。
R1年6月12日に支柱が組みあがり、ハウスで育苗した苗を定植しました。
株間150㎝。畝間150㎝。支柱の高さ3m以上にきゅうりネットを張りました。
佐久市望月の畑は、標高800m程なので「はなまめ」栽培に適した標高(800m~1,300m)ぎりぎりです。元気に育ってくれることを願っています。
IMG_3611




workhousemaki at 16:04|この記事のURLComments(0)
プロフィール

ゆうちゃん

社会福祉法人
望月悠玄福祉会
就労継続支援B型事業所
ワークハウス牧
(望月ひまわり共同作業センター)

〒384-2202長野県佐久市望月1729‐6
電話 0267-53-6352
FAX0267-53-6360
HP http://www.yuugen-fukushikai.com

ギャラリー
  •    佐久市ふるさと納税返礼品にワークハウス牧の農福連携関連商品があります。
  •    佐久市ふるさと納税返礼品にワークハウス牧の農福連携関連商品があります。
  •    佐久市ふるさと納税返礼品にワークハウス牧の農福連携関連商品があります。
  •    佐久市ふるさと納税返礼品にワークハウス牧の農福連携関連商品があります。
  • 遊休農地減少へ向けた豆の選別作業
  • 遊休農地減少へ向けた豆の選別作業
  • 令和2年新商品「黒にんにく」販売開始
  • 農福連携 りんごの摘果作業
  • 農福連携 りんごの摘果作業