トマト栽培

2019年06月28日

加工用とまとのホルモン処理を行いました。


6月26日~27日
雨、低温、日照不足、着果の安定と果実肥大を促進するため加工用トマトにホルモン処理を行いました。
全体的にみて一つの花房に2つ、3つ花が咲いていました。ホルモン剤の希釈は100倍です。

IMG_3659


workhousemaki at 09:31|この記事のURLComments(0)

2019年06月14日

加工用トマト除草と追肥

除草・追肥

6月に入ってから除草と追肥を行いました。

 6月6日に梅雨入りしました。雨で作業を中断されつつ、その合間の作業でしたがなんとか1回目の除草と追肥が終わりました。
 除草には、バスタ液剤を300㎖~500㎖を水100~150ℓに薄めて畝間に散布し散布後に敷き藁をしました。
 追肥は、農協の方にお聞きしてチッソ20‐リンサン4‐カリ8 の追肥用肥料を10kg(10a当たり)入れました。

下の画像は6月12日の苗の状態です。
IMG_3602



workhousemaki at 09:01|この記事のURLComments(0)

2019年05月21日

定植

IMG_3392

トマトの定植
 

令和元年5月15日本日は、マルチャーチームと定植チームの2班に分かれて作業を行いました。 

定植チームは利用者2名と職員1名です。張り終えたマルチに株間45㎝畝間180㎝で定植していきます。同時にアブラムシやコナジラミ等の害虫対策と根付け肥を少し土に混合しました。準備した苗は一反歩分1300本ほど。今日は全体の1/4程定植することができました。じつは、佐久市望月では5月20日まで遅霜の心配があります。今回は1週間ほど早く定植しましたが、事前に天気予報で5月20日までの間、最低気温が3℃を下回らないことを確認しています。


IMG_3391


workhousemaki at 09:12|この記事のURLComments(0)

2019年05月20日

マルチャーが来た



IMG_3402

マルチャーが来た。
 

令和元年5月13日農協さんからマルチを張る機械マルチャーを借りてきました。 

明日からいよいよマルチ張りです。

苗もこのように大きくなりました。

IMG_3390

続きを読む
workhousemaki at 17:41|この記事のURLComments(0)

2019年04月22日

トマトの栽培記録

IMG_3322

平成31年4月16日加工用トマトの小さな小さな苗が届きました。 

1反歩分の苗です。全部で1300本程になります。 

育苗のため16連結ポットへ仮植しビニールハウスの中に床を作りました。 

佐久市は雪は少ないのですが気温が低く5月半ばまで遅霜の心配があります。 

苗が風邪をひかないようにハウスの中にさらにビニールトンネルを掛けて大切に育てていきます。 

これから、毎朝ハウスを開け潅水し夕方にはハウスを閉めます。夕方の潅水は、根を傷め軟弱徒長となってしまいます。などなど、毎日の育苗管理が始まります。定植は、遅霜の心配がなくなる5月半ばです。それまでの育苗管理を頑張りたいと思います。 

                                    

                        
IMG_3325
             


























workhousemaki at 18:35|この記事のURLComments(0)
プロフィール

ゆうちゃん

社会福祉法人
望月悠玄福祉会
就労継続支援B型事業所
ワークハウス牧
(望月ひまわり共同作業センター)

〒384-2202長野県佐久市望月1729‐6
電話 0267-53-6352
FAX0267-53-6360
HP http://www.yuugen-fukushikai.com

ギャラリー
  • 生ごみ堆肥を作って食品ロスの削減とコストダウン 元気な野菜作りを
  • 生ごみ堆肥を作って食品ロスの削減とコストダウン 元気な野菜作りを
  • 生ごみ堆肥を作って食品ロスの削減とコストダウン 元気な野菜作りを
  • 生ごみ堆肥を作って食品ロスの削減とコストダウン 元気な野菜作りを
  • 生ごみ堆肥を作って食品ロスの削減とコストダウン 元気な野菜作りを
  • 生ごみ堆肥を作って食品ロスの削減とコストダウン 元気な野菜作りを
  • 生ごみ堆肥を作って食品ロスの削減とコストダウン 元気な野菜作りを
  • 生ごみ堆肥を作って食品ロスの削減とコストダウン 元気な野菜作りを
  • 生ごみ堆肥を作って食品ロスの削減とコストダウン 元気な野菜作りを