2019年07月

2019年07月30日

加工用トマトに害虫発生


画像の虫はてんとう虫ではありません。
IMG_3759

「てんとう虫だまし」という害虫です。
良く知られている「ナナホシテントウ」等の肉食のてんとう虫はアブラムシを食べてくれる益虫です。
肉食のてんとう虫は体内に毒を蓄え外敵から身を守っています。

「てんとう虫だまし」は草食の害虫です。
毒を持ち外敵から身を守る肉食のてんとう虫に擬態することで捕食されないようにしています。

益虫のてんとう虫だと思って放置すると大変なことになります。
この虫は大量発生して葉を食べ荒らすのです。
あっという間に株がボロボロにされてしまいます。
葉を失った果菜類は光合成を妨げられるので果実の生育と花芽もつかなくなってしまいます。

見つけたら即刻退治することをお勧めします。かわいそうですが・・・



2019年07月22日

花豆に鞘が付きました。

花豆に鞘が付きました。

蔓は支柱の先端まで3mほど伸びました。
7月に入り多くの赤い花が咲きましたが結実することなく落ちていました。
先週18日に畑で鞘を探したところ、見つけました。小さな鞘がいくつか確認できました。
まだ結実率は低空飛行を続けると思いますが梅雨明け8月以降に期待が膨らみます。

IMG_3751

小さな鞘ですので画像を大きくして見てください。

加工用トマト 元気に育ってます。

 トマトの色が緑色から黄色に変わってきました。画像にはありませんが株下側の実は少し赤くなり収穫の時が近いと感じられます。 株の成長も一段落という感じなので3回目の追肥をしようと思います。梅雨明けも近そうです。今年は例年にない降雨の多さと曇天が続くなか突然の晴れで気温が上昇するなど、野菜に悪さをする菌が喜ぶ気候でした。梅雨明け後、すぐに消毒してトマトの病気予防をしたいと思います。

IMG_3746



2019年07月02日

ド根性!!蕎麦の芽


IMG_3666

なんと、軽トラックの荷台から蕎麦が芽を出しました。恐らく昨年収穫した蕎麦だと思います。運搬途中に実がこぼれて荷台の隙間に入り込んでいたようです。隙間を除いてみると土の上にワラが敷かれた状態になっており環境的に良い環境だったと思います。蕎麦は痩せた畑でも栽培できるものですが、軽トラックをプランター代わりに発芽するとはその生命力その根性に驚きました。

IMG_3667

続きを読む
workhousemaki at 15:34|この記事のURLComments(0)農福連携 

2019年07月01日

花豆の花が咲きました。

7月1日休明けに畑へ行ってみるとベニバナインゲンの花が咲いていました。
先週頭には「蔓がしっかりしてきたな」と感じたばかりでしたが、すでに1mほどネットに巻き付き赤い見事な花をつけていました。中に一株だけ白い花がありました。

IMG_3741


1980年代までベニバナインゲンの品種は生産者ごとに系統が分かれ品種に大きなばらつきがあったとのことです。10年以上にわたり集団で品種選抜を行い繰返し選抜をした結果、白花の発生はほぼ認められなくなったと聞いています。白花の豆は白色で大きさは通常の花豆の半分くらいです。いわゆる変種ですが、花豆を調理するときに白豆が入るとポイントになって見た目が良くなったり小粒な白花豆は皮が薄く赤花豆より早く煮えるといったメリットがあります。


プロフィール

ゆうちゃん

社会福祉法人
望月悠玄福祉会
就労継続支援B型事業所
ワークハウス牧
(望月ひまわり共同作業センター)

〒384-2202長野県佐久市望月1729‐6
電話 0267-53-6352
FAX0267-53-6360
HP http://www.yuugen-fukushikai.com

ギャラリー
  • 令和3年度 加工用トマトの栽培記録
  • 令和3年度 加工用トマトの栽培記録
  •    佐久市ふるさと納税返礼品にワークハウス牧の農福連携関連商品があります。
  •    佐久市ふるさと納税返礼品にワークハウス牧の農福連携関連商品があります。
  •    佐久市ふるさと納税返礼品にワークハウス牧の農福連携関連商品があります。
  •    佐久市ふるさと納税返礼品にワークハウス牧の農福連携関連商品があります。
  • 遊休農地減少へ向けた豆の選別作業
  • 遊休農地減少へ向けた豆の選別作業
  • 令和2年新商品「黒にんにく」販売開始