2019年06月14日

「はなまめ」の定植

はなまめ苗を定植しました。
IMG_3607

私たちの地域では、ベニバナインゲンを通称「はなまめ」と呼んで古くから親しんでいます。
「はなまめ」は、江戸時代の末にヨーロッパから伝わったそうですが当時は十分な結実がみられず観賞用だったとのことです。その後、長野県の高冷地や東北地方で栽培したところ十分な結実がみられ食用とされたということです。
この大きくて魅力的な豆を都会の方にも「見ていただきたい。」「食べていただきたい。」という気持ちで、今年、栽培することといたしました。
R1年6月12日に支柱が組みあがり、ハウスで育苗した苗を定植しました。
株間150㎝。畝間150㎝。支柱の高さ3m以上にきゅうりネットを張りました。
佐久市望月の畑は、標高800m程なので「はなまめ」栽培に適した標高(800m~1,300m)ぎりぎりです。元気に育ってくれることを願っています。
IMG_3611




workhousemaki at 16:04│Comments(0)農福連携 | 花豆の栽培記録

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

ゆうちゃん

社会福祉法人
望月悠玄福祉会
就労継続支援B型事業所
ワークハウス牧
(望月ひまわり共同作業センター)

〒384-2202長野県佐久市望月1729‐6
電話 0267-53-6352
FAX0267-53-6360
HP http://www.yuugen-fukushikai.com

ギャラリー
  • 生ごみ堆肥を作って食品ロスの削減とコストダウン 元気な野菜作りを
  • 生ごみ堆肥を作って食品ロスの削減とコストダウン 元気な野菜作りを
  • 生ごみ堆肥を作って食品ロスの削減とコストダウン 元気な野菜作りを
  • 生ごみ堆肥を作って食品ロスの削減とコストダウン 元気な野菜作りを
  • 生ごみ堆肥を作って食品ロスの削減とコストダウン 元気な野菜作りを
  • 生ごみ堆肥を作って食品ロスの削減とコストダウン 元気な野菜作りを
  • 生ごみ堆肥を作って食品ロスの削減とコストダウン 元気な野菜作りを
  • 生ごみ堆肥を作って食品ロスの削減とコストダウン 元気な野菜作りを
  • 生ごみ堆肥を作って食品ロスの削減とコストダウン 元気な野菜作りを